付属研究院研究会

                    東方健身院付属中国武術研究院とは
当院付属中国武術研究院は2009年7月に中国武術をより深く研究する場として発足しました。会員の中国武術のレベルを計る当院中国武術技術等級制度考試で下記レベルに達したものを研究員とし、年4回当院武館で伝統陳式太極拳・伝統楊式太極拳・八卦掌・形意拳の4種目から研究員が研究したい班に分かれて実施しています。
                    今年度(2020年度)各種目研究会部長
             伝統陳式太極拳 辻重高  伝統楊式太極拳 山口晴朗  
                 八卦掌 太﨑由美子  形意拳 田村昭
<研究員参加要件>
東方健身院会員(個人・団体)で、東方健身院中国武術技術等級制度考試各種目認定合格者で以下に記すレベルを有するもの。
1.初級套路種目(簡化24式太極拳・32式太極剣)                         第三星級を認定されたもの
2.中級套路種目(陳式規定太極拳・楊式規定太極拳および42式太極拳競賽套路・42式太極剣競賽套路)第三星級を認定されたもの
3.上級套路種目(伝統陳式太極拳・伝統楊式太極拳・八卦掌・形意拳)               第二星級を認定されたもの

   東方健身院中国武術研究院2020年度研究会は新型コロナウイルス肺炎の三密からの観点から開催致しません

                    研究会で熱心に取り組む研究員

 

           2019年度伝統楊式太極拳研究会 邵馬老師・田村老師・研究員

                  伝統楊式太極拳研究会研究員練習風景

               2019年度八卦掌研究会 邵馬老師・田村老師・研究員

                      八卦掌研究会研究員練習風景

         2019年度伝統陳式太極拳研究会 邵馬老師・田村老師・研究員

                    
                    伝統陳式太極拳研究会研究員練習風景

         
           2019年度形意拳研究会 邵馬老師・田村老師・研究員

                  形意拳研究会研究員練習風景