田村嘉璽老師の太極拳うちあけ話

第二話 いざ、上海へ<初めての中国太極拳武者修行>
市民太極拳教室終了後、講習会で私に近づいてきたお二人を会運営と指導による週一回の同好会活動が始まり、仕事を終えた7時から二時間の練習には物覚えの悪い私はほぼ毎週皆勤出席をして套路をまず覚えることに専念していました。一年が過ぎるころには第一話でお話ししたビデオも見つつどうにか套路を覚えることができました。当時は京都市内にあった団体が分裂しそれぞれの地域などで同好会活動が行われていました。私が市民講習会で今後の京都での太極拳活動の一角に参画させるべく画策した、この同好会でも会長と指導をしていただいた男性(今後はI氏と明記します)はその当時さらに活動を活発にする事をお考えのようでした。京都市の友好都市中国西安市との関係が太極拳を通じて市民スポーツ教室で開花し、行政とともに自分たちの団体活動を発展させていこうというものです。そういう行政との関係構築に尽力されていたのか、その後私にある地域女性会での太極拳講習の講師依頼の話が舞い込みました。「私はこの一年でどうにか套路をおぼえたばかりですが、・・・」という私の言葉もI氏のお頼みを断ることはできませんでした。今思い出すと毎回の指導にびくびくの日々であったと思います。気づいたらその後も近くの体育振興会や他市同好会の指導など、仕事が終われば週四日指導に駆け回っていました。
ちょうど太極拳を始めて1年数か月たったころ、後年京都・滋賀の同好会が集結した団体ができるのですが、その前身で京都で活動していた同好会の太極拳同志による私にとっては初めての中国上海の太極拳武者修行参加の機会を持つことができました。初めての中国訪問である1987年の暑い8月の上海虹橋空港到着時には飛行機の窓から見える中国に興奮とともに緊張感が同時にありました。どうして緊張したかというと、当時まだ虹橋空港は軍事共用だったようでビデオから景色を撮影したら、入国審査時に撮影ビデオテープを没収されるかもしれなかったからです。「ああ、やっぱり日本とは違うなあ」というのが私の第一印象でした。
でも、同行してくれた初めての私に暖かく接してくれた太極拳の先輩方と上海老師の講習時間やホテルステイ・グルメ・ショッピング・市中散策など楽しく充実したものでした。一週間ほどの滞在でしたが、ホテルステイではメンバー二人ずつの抽選による部屋割りで、たまたま同室した男性とご一緒することになりました。一日のスケジュールが終わると同室のO氏と太極拳やお気に入りの中国の話に花が咲きました。ある晩O氏から世界の文化などの伝播について面白いお話を聴くことがありました。私は大学時代に専攻との関係で初めての外国訪問はアメリカだったこともあり、異文化の話にはたいへん興味がありました。その時のO氏の話は「文化の伝播は偏西風と同じでヨーロッパ・中央アジア・東アジア朝鮮半島を経て日本にたどり着いたが、どうして日本は純粋にそれぞれの国のものとして残るのではなく雑多に存在する日本化された物になったか」というものでした。その答えは「日本はさらに東に伝えたいと思っても昔は海があり東にはまさかアメリカ大陸が存在する事さえ信じられていなかったから、伝えるところがなくて日本は様々な文化のごみ箱になった」というものでこの話はその後私が太極拳を続けていける原動力となりました。
いよいよ最終日の講習会が終わった夜に行われたご指導いただいた老師・上海武術館の民間の老師を招いての宴会となりました。まだ太極拳を始めて一年弱で右も左もわからない私でして、実はその時、前話でお話しした傅鍾文老師が出席されていたのです。ビデオでは太極拳の歴史など1分間お話しされていた程度で宴席ではお顔が一致して気づかなかったのです。でも、宴会後撮った記念写真にはそのお姿があり、後年感動したものです。今回上海武者修行に同行した先輩諸氏は、それまでも数回上海へ同じような太極拳習得にいった方が多く、まだ今ほどの大発展した上海とは違いますが、少しづつ改革開放の機運が出てきたころだったのでしょうか、30代まだまだ意気盛んな先輩方と夜の街へと繰り出すことになりました。その頃の上海ではまだ珍しいBarへ行き滞在中の楽しい話に花が咲き、翌日充実した上海での日々を抱き帰国しました。それでは第二話はこのあたりでおしまいとしますが、懐かしい映像がありました。内容は前回お話しした中国西安市老師による市民太極拳教室を地元の放送局がニュースの中で放送したものです。私は残念なことにその回は仕事が忙しく参加していなかったので映っていませんどうぞご覧ください。







第一話 運命のコマーシャル
私が太極拳を始めて早や今年で35年となります。始めるきっかけは1985年ころに見たあるテレビコマーシャルです。インドのヨガとは違って中国にはこんなものもあるのかと始めて健康法としてのスポーツ太極拳の存在をその中で知りました。当時私は著名な染織作家皆川月華氏や人間国宝でもある羽田登喜男氏等とお取引をする、京都で百年を超える老舗の伝統産業を家業とし、その六代目として仕事をしていました。学生時代は常に球技種目のスポーツをして突き指などをしていたため、職人として手仕事を続けるのには手を傷つけないスポーツがないかと探していたところでした。また、大学時代には部活とアルバイトで腰を痛めていた(坐骨神経痛)ので、一日中修行僧のように正座姿勢での仕事をしていたので腰痛の更なる悪化を緩和させたい気持ちもありました。
それから仕事に追われて一年ぐらい経ったころでしょうか、京都市市民新聞に京都の中国友好都市である西安市の太極拳講師を招いての講習会があるのを知り、やっと太極拳初体験となります。ただ、その時は応募者が多いと抽選という条件でしたが、幸運なことに参加を射止めることになりました。仕事が終わった夜7時から2時間、近くの中学校体育館で五回の講習で簡化24式太極拳を習得するという内容です。残念ながら仕事も多忙だったため実際に参加できたのは三回のみ。結局何も覚えられないまま五回目終了となりました。その講習会には百名を超える参加者で教える先生は二人。京都でも当時太極拳の活動が始まって数年のころで、唯一の太極拳団体有志が指導の補助で来られていました。その講習会中、覚えられない私を見てやさしく近づいて教えてくれた40代の男性がいました。これは数年前に知った事実ですが、その時の講習会は中年以上の参加者が多く、私はまだ20代で参加者の中でも少ない男性だったのでその時に目を付けられ、当時唯一の京都の太極拳団体で活動の路線対立(このことがまた私のゆく道を左右します。今回は今後のお話に譲ります)による分裂騒動があり、その男性が設立しようとしている団体に若き私を引っ張って行こうとする策略にまんまとはめられたのでした。講習会終了後、その講習会で同じように継続して太極拳を習得したいと希望する人たちのために、その男性の方ともう一人の男性がお膳立てをしてくれ、私は参加できませんでしたが、西安市の老師へのお礼の宴席でそのグループに友好の気持ちを冠した名称をいただいた同好会活動が週一回で始まることになりました。
そこでは中年以上の数人の男性と十人ぐらいの女性が集まり、その中では男女問わず私は最年少でしたが、指導していただいているお二人を一番手こずらせたのは何を隠そうその私でした。元来物を覚えるのは人一倍努力しないとダメな性格でしたので何か参考になるものがないかと、当時少しずつ流行り始めていたレンタルビデオ店に足を運び探していたところ、うってつけの簡化24式太極拳の30分ビデオ(このビデオに関しては次回以降にお話しします)がありました。そのビデオは、制作した会社が「さだ企画」、監修は伝統楊式太極拳第三代楊澄甫の甥で中国の傅鍾文老師、実際のご指導はご子息の傅声遠老師で模範演者はたぶんバレイか何かをしている若い女性でした。このことについても後に判明することですが、制作会社は歌手のさだまさしさんの企画会社です。のちに中国を題材にした映画(ドキュメンタリー映画・長江)を中国電視台と共同製作したときに当時予想外の製作費で莫大な借金を抱えたという会社です。その会社が中国伝統楊式太極拳の重鎮にビデオ制作を依頼されたいきさつにも興味があり、機会があればさだまさしさんに伺ってみたいものです。でも、傅鍾文老師は私の義父である邵善康老師の前の代の第四代伝統楊式太極拳伝承者であり、妻の邵馬老師も幼少のころ指導をしていただいていた事などそういった事を一切何も知らず、少しでも私の物覚えの悪さを克服するために私はただひたすらビデオを見ていたのでした。それでは第一話はこの辺でおしまいといたします。次回以降も私が邵馬老師・義弟の邵英兼老師(東方健身院技術顧問)と共に、中国武術の伝統楊式太極拳を外国であるこの日本で次代に継承していく立場に至る経緯を、その時々のエピソードを交えながらお話していきたいと思います。では、第一話の表題・運命のコマーシャルをご覧ください。[ただいまこの動画は、下のサントリーオールドの画像をクリックするとYou Tubeに投稿してある1977-1991 サントリーCM集の12分48秒地点からご覧になれます。]

追記 このコマーシャルはご覧のようにサントリーウィスキーのコマーシャルです。私が初めて中国上海へ太極拳を中国老師に習うために訪れた1987年の中国の街の様子などを彷彿とさせ懐かしくもあります。この後サントリーはコマーシャルではそのセンスの良さとその時代の流行音楽を使い、日本の広告界ではほかに追随を許さない存在ではなかったかと思います。